ARENA “MAIN FLOOR”

GENRE : TRANCE

“生命の樹”とも云うべき巨樹のデコレーションをメインフロアに抱く、O.Z.O.R.A.のメインステージに足を踏み入れる時、誰もがその熱量に後ずさりするほどの感動を覚えるでしょう。
ageHaは屋内でその空間を再現できる世界でも稀な会場であり、毎年4回にわたり”One Day”パーティーを開催できている事実がそれを物語っています。
3組のゲストDJはもちろんのこと、本国のメインオーガナイザーであるWEGHA、A&Rとして活躍するJUSTIN CHAOS、そして日本代表・HATTAとオープニングからラストまで美しくも激しい一夜の旅が繰り広げられることでしょう。

>>LIVE SET
CIRCUIT BREAKERS (Nano Records/UK.Brasil)


U.Kとブラジルを代表するDick Trevor a.k.a DICKSTERとBURN IN NOISEのマッシヴデュオ”CIRCUIT BREAKERS”。
2013年に1st アルバム”Fragmented Reality”(Nano Records)をリリース。特に、ここ最近リリースされた”Freaky” (Zero one Music)は2017年のキラーアンセムトラックとして世界中のDJ達にこぞってプレーされ大変な話題を呼んでいる。2017年5月にはGreen Magicで来日し、富士山をのぞむ最高のロケーションのもと、フリークス揃いのダンスフロアをマッシブなサウンドで圧倒した。
トップランカー同士のハイブリッドなグルーヴが織り交ぜられた、ディープかつドライビング感のあるベースライン。フェスティバルでなければなかかなお目にかかれない豪華な共演を、ageHaのサウンドシステムで体験できるあなたは幸せ者だ!!
https://www.facebook.com/Circuit-Breakers-138880899493608/

>>LIVE SET
DICKSTER (Nano Records/UK)

トランス界の生ける伝説、DICKSTERことDICK TREVOR。U.K.サイケデリックマスターとして知られる彼は、20年以上に渡る活動の中でGreen Nuns of the Revolution, Circuit Breakers, Infernal Machine, Bumbling Loons, AMDなど様々なプロジェクトを持ち、90年代半ばに伝説のトランスバンドとして知られたGreen Nuns of the Revolutionのメンバーとしてシーンに多大な功績を残してきた。またミレニアム以降もGreen Oms、Jumanji (with Eskimo) としても勢力的に活躍し、彼のソロプロジェクトであるDickster名義ではSimon Posford, Tristan, LucasといったUKシーンを代表するアーティスト達と共に数えきれないほどのコラボレーションを行い、2015年に待望のフルアルバムInebriattiをリリース。 毎年世界中の名だたるビッグフェスティバルでプレーを重ねるベテラン中のベテランアーティストである。
https://www.facebook.com/dj.dicktrevor/

>>LIVE SET
BURN IN NOISE (Nano Records/Brasil)

Gustavo Manfroniはロックバンドのギタープレイヤーとしてのバックボーンをもち、ロンドンへの旅行中にサイケデリックトランスと出会い1999年の終わりから音楽制作のためにソフトウェアを購入し自身のソロプロジェクト”BURN IN NOISE”を開始。そのオリジナリティー溢れるグルーヴは、オーガニックテイストなキック&ベースラインにTB303シンセを駆使したシリアスかつアシッディーなメロディーによって生み出され、”ブラジリアンサイトランス”というジャンルを確立させるに至る。
日本のトランスシーンが低迷した2000年代の世界のトランスシーンを牽引してきたトップアーティストであり、これまでに数多くのアルバム、EPをリリースしてきた。2009年よりDICKSTERとのユニット“CIRCUIT BREAKERS”を結成し、2013年にNANO RECORDSより1stアルバムをリリース。
2016年のポルトガル・BOOMフェスティバルのプレイは、この年のBOOMフェスティバルの雰囲気を最もリアルに表現したノーカットのフルセットムービーとして、150万回以上の再生回数を誇っている。

https://www.facebook.com/burninnoise/

>>DJ SET
THATHA (Nano Records/Brasil)

今やブラジリアン・サイトランスを代表するDJとなったTHATHA(タタ)は、BURN IN NOISEとの夫婦であることは広く知られた事実であり、2016年のポルトガル・BOOMフェスティバルではBURN IN NOISEがメインステージのオープニングを、そしてTHATHAが大トリを務めたアーティストカップルである。
THATHAは1999年にトランスシーンと出会い、僅か3年後にはブラジルのアンダーグラウンドシーンの中でDJとして頭角を現し始め、当時はバイナルレコードを駆使しながらミックステクニックを磨いてきた。しばらくして彼女は新たなキャリアを目標に、音楽制作に没頭しDJと並行して“Altruism”名義での活動を開始する。2010年、自身のDJコンピレーション作品“Magic Mirror”をリリースし、Beatport top 10にランクインするなど、瞬く間に成功を収めた彼女は世界中のTOP DJの一人として評価され、翌年2011年には南アフリカのNano Recordsにサインした。“Altruism”としてはこれまでに2作品のEP “Beyond Illusion”(2011年) “Fat Beat” (2013年)をリリース。現在に至るまで様々なタイトルに楽曲を提供している。彼女は自身の音楽性に愛情を注ぎ、緻密でハーモニックなミックステクニックとレンジの広さによって常にダンスフロアーをロックし、世界中のオーディエンスから愛情と尊敬の念を受けるDJ・アーティストである。
https://www.facebook.com/altruismlive/

>>DJ SET
WEGHA (Radiozora / Hungary)

WEGHADJとしても長年にわたりハンガリーのシーンに貢献してきたWeghaは、今やOZORAのメインオーガナイザーとして世界のトランスシーンを牽引する存在である。世界中のアーティスト、オーディエンスから受け取ったサイケデリックスピリットが彼のDJを未来の音楽として昇華させる。知的で力強い、王者の風格をたたえた彼のDJにageHaのARENAが震えることは間違いない。
https://www.facebook.com/djwegha

>>DJ SET
JUSTIN CHAOS (Zero1 Music / Argentina)

Justin ChaosZERO ONE MUSICのレーベルマネージャ兼DJ、そしてライブユニットObliviantとしても活動する彼は、数々の大型プロジェクトやイベントを成功に導き、その名の通り多くのカオスを生み出して来た。OZORAではA&Rとして活躍し、最初にその目で確かめるためにageHaへ足を運んだのも彼であり、その貢献は計り知れない。
https://www.facebook.com/justinchaoszero1

>>DJ SET
HATTA (Grasshopper Records)

DJ HATTAこそが、間違いなく本イベントの最大の立役者である。96年よりスタートしたキャリアにおいて、2013年OZORAのメインステージへの出演がマイルストーンとなった。以降、毎年OZORAのメインステージへ出演を重ねそのスピリットを日本へと持ち帰ってきた。彼の着実な活動、シーンを耕し、蒔いてきた種たちの萌芽が本イベントへと結実し、その果実を味わったトライブの多くが世界へと旅立っている。彼の視線の先に日本と世界のトランスシーンが交差するパラダイスが出現する。
https://www.facebook.com/grasshopperrecs/

>>LIVE
松本族 Matsumoto Zoku


ディジリドゥとハングドラムを奏でるミュージシャンとして活動していたコウジ・マツモト。そして、ヒューマンビートボクサーとして日本のシーンでも知られた存在であったレオ・マツモト。
奇遇にも同じ姓名をもつ二人がインドで出会い、今も世界を旅しながら活動を続けるユニット。MatsumotoZokuは世界各地を旅しながら、様々な音楽をミクスチャー、マッシュアップしながら貪欲に吸収。そのライブは、ブラックミュージックからベースミュージック、最新のサイケデリックトランスまで幅広い音楽を肉体化し、振れ幅の広さに圧倒される、高いエンターテイメント性を誇っている。
2013年の初出演から、4回にわたりハンガリーでのOZORAフェスティバル本祭に出演。2016年のOne Day in Tokyoにも出演。
OZORA本国のリアルな空気とグルーヴを体現する貴重な存在である。
http://www.matsumotozoku.com/
https://www.facebook.com/matsumotozoku/
https://soundcloud.com/matsumotozoku

>>VISUAL
GLOBAL ILLUMINATION

GLOBAL ILLUMINATIONオリジナルのヴィジュアルと高揚するメッセージングを魅力的に組み合わせ、サイケデリックなパフォーマンスを行うアーティスト集団。2016年は、IBOGA 20周年のホログラムショーの映像クルーとして活動しているほか、Limelight Projection Mappingとの共作”Interconnection”が、3Dプロジェクションマッピングの世界的コンペティション “IMapp Bucharest 2016”で審査員賞と一般投票賞をダブル受賞するなど、サイケデリックヴィジュアルシーンを牽引している存在である。その作品はART WORK – VISUAL EFFECTのページでチェックしてほしい。
https://www.facebook.com/globalilluminationnetwork

>>SPACE DESIGN
SUNSHINE FESTIVAL

https://www.facebook.com/Sunshinefamilyjapan/
SUNSHINE FESTIVAL