BOX “Gateway to Dragon Nest”

GENRE : Alternative


Dragon NestとはハンガリーのO.Z.O.R.A.フェスティバルにおいて、ライブを中心とするオルタナティヴミュージックを展開するステージであり、ここで展開される音楽の多様性と振れ幅の広さが「O.Z.O.R.A. Festival」に、より深いサイケデリック観と美しいランドスケープを与えています。
ここ最近ではSquarepusherやLee “Scratch” Perryまでが出演してシーンに驚きを与えました。

このDragon Nestの雰囲気、コンセプトを伝えるため、BOXフロアを「Gateway to Dragon Nest」と題して出演者の一般公募を行い、多数の応募が集まりました。その中からバラエティに富んだ、才能ある3組のアーティストが出場権を獲得しました。

過去には多くの日本人アーティストが本国フェスへの出演を実現しており、今回も本国オーガナイザーたちに音楽を聴いてもらい、交流が図れる貴重な機会であり、O.Z.O.R.A.のオーガナイズチームはここから世界へと羽ばたくアーティスト達が現れてくれることを願っています。共演者にも松本族、HATAKEN、YUMIIとOZORA出演経験者が揃い、Dragon Nestへの出演を共に夢見るアーティストをガイダンスします。

Playlist of Dragon Nest on Soundcloud

公募選出アーティスト>>LIVE
バケツドラマーMASA / Bucket Drummer MASA

1988年生まれ。神奈川県出身。
かねてより路上パフォーマンスに興味を持ち、201­2年2月オーストラリアのメルボルンの路上にてバケツドラムを始める。日本に帰国して­からは、ヒッチハイクで47都道府県を旅し、路上でバケツドラムパフォーマンスを行う­「バケツドラムの旅」を実施。「お金がなくても音楽を楽しめる」をコンセプトとしてお­り、ガソリンスタンドでもらったゴミのバケツとホームセンターで買ったパイプを使って­演奏を行っている。現在は全国各地での路上パフォーマンスを中心に活動しており、ひと­たび彼が演奏を始めれば道行く多くの人々が足を止める。2015年にはテレビ出演も­果たし、活動の幅を広げている。

https://www.facebook.com/bucketdrummermasa/
https://www.bucketdrummermasa.com/

公募選出アーティスト>>LIVE
La Señas (ラセーニャス)

日本初!即興指揮型パーカッション集団「La Señas」150種類以上のハンドサインを利用し、リズムをどんどん変化せるアルゼンチンの演奏法「Seña de percussion」を演奏する日本で唯一のグループ。トランスの渦へ巻き込んでいく新感覚のライブは必見。
https://www.facebook.com/lasenas/

公募選出アーティスト>>LIVE
MACHINA(マキーナ)

韓国出身で東京で活動している女性アーティスト “MACHINA (マキーナ)”
Appel Girlというニックネームで動画を公開し、世界中を驚かせたYeo Hee(ヨヒ)のソロプロジェクト。数台のiPhoneを楽器のように演奏して歌う姿に世界中のオーディエンスが衝撃を受け、動画は瞬く間に拡散。YouTuberの先駆けとなる。モデルとして、Mac Fanカバーガールやロッテ「キシリトールガム」CMに出演。数々のCMソングを歌うなど活発に活動した後、音楽スタイルを一新。2016年に2枚のE.P.をリリース。アンビエントでエレクトロニカな世界を展開している。作詞・作曲・アレンジだけでなく、ムービー・ディレクターまでやってしまう高いクリエイティビティーは、ニュータイプの「宅録女子」として注目。”MACHINA”は、古代ギリシャの言葉「Deus ex machina」から「新しい音楽を創るアーティスト」という意味が込められている。
http://machina.link/
https://www.facebook.com/YeoHeeMusic

>>LIVE
HATAKEN (Wåveshåper(mutantra) / TFoM / ZEN ZEN / TKG)


モジュラーシンセサイザーライブパフォーマー、エレクトロニックミュージックプロデューサー。北米、欧州、アジアの各地で精力的にライブ活動を行い、モジュラーシンセを駆使し、新たなエレクトロミュージック表現を探求している。Greg Hunter (Dub Sahara)とWåveshåperとしても注目を集め、2014年より3枚のアルバムをリリース。2012年のBoom Festivalで7時間に及ぶライブを成功させ、それを機にOzora , Sonicaなどの欧州のフェスティバルに招かれ、日本を代表するエレクトロニックミュージックのアーティストである。DJ Alex R / High, DJ Yumiiらとオーガナイズチーム、Zen Zenをスタート、アンビエント、エレクトロニックニュージックのイベントを主催。 さらにモジュラーシンセの普及にも努め、2013年より国際的なモジュラーシンセの展示会/コンサートをジョイントした、Tokyo Festival of Modular を主催、モジュラーシンセサイザーの国内の普及、新たな音世界を発信、メジャーアーティストをはじめ、世界中のアーティストから注目されている。(2017) 2017年秋Matsuri digital chill より待望の5年ぶりのフルアルバムをリリース!2017年にはSUGIZO / Guitaristのアルバム『ONENESS M』への参加、リミックスアルバムへの参加を果たし、5月と12月のTFoM主催イベントで氏のギターとモジュラーシンセによるデュオのライブを披露、2017年SUGIZOソロツアーファイナル、東京公演にてフロントアクトにてモジュラーシンセライブ一時間を披露、今後の展開に注目が集まっている。
http://hataken.info/
https://www.facebook.com/HATAKEN.HATAKEN/
http://soundcloud.com/hataken/

>>DJ SET
YUMII (ZEN ZEN)


都内クラブイベントやラウンジスタイルのパーティにてプレイを重ねていく中で様々なミュージック・ジャンルやダンスの場を経験し”音の持つ癒しの力”を追い求めていくようになる。彼女のアンビエントセットは、深く催眠的なエレクトロニカ、本格的な瞑想音楽をミックスし、地球の中心から宇宙へとつながる壮大なサウンドジャーニーを創り上げていく。またフリースタイルセットにおいては、電子音と民俗音楽、中東音楽と西洋音楽など異なった世界の音楽を独特のチョイスでクロスオーバーし、さまざまな文化やバックグラウンドをひとつの美しいモザイク模様に仕上げていく。
“Universo Paralello”(Brazil), “BOOM Festival”(Portugal),“Transahara” (Morocco),”PSY-FI”(Netherlands),”THE EXPERIENCEFESTIVAL ”(Thailand),”O.Z.O.R.Festival”(Hungary)等、国内外の野外フェスティバルへの出演経験を持つ。他に、インド古典音楽コンサート、サウンドヨガワークショップ、ファッションショウ、ダンスショウなどに参加。昨今では日本においてチルアウトパーティZENZENのオーガナイズに携わる。2016年には岩手県花巻市の宮沢賢治童話村でのライトアップイベントにDJ-MIXを提供。また、幼少期からのピアノ・電子オルガンのキャリアを生かし、ポルトガルにてバンド活動も行うなど、その活動領域は自由自在な広がりを見せ続けている。
http://soundcloud.com/dj-yumii/

Dragon Nest Movie